加齢臭の原因や対策

加齢臭の原因や対策について

加齢臭の実態

そもそも加齢臭とはどういうものなのでしょうか
加齢とともに体臭が変わるということが分かったのは実はつい最近の話です。
世間ではまだまだ「加齢臭=オヤジ臭」という認識が強く残っていますが、
加齢臭は男性特有の臭いでは決してありません。
しかし多くは男性よりも女性の方が臭いには敏感で香水や制汗スプレーなどで
体臭に対する対策をとっているため、
何もしていない男性の方がより顕著に表れ、敬遠されているということなのです。
加齢臭という言葉自体も出来たのはつい最近の話です。
資生堂の研究者が2000年に高齢者の体臭の元となる物質を発見し、
年齢とともに体臭が変わることを実験で証明したため、加齢臭と名付けられました。
加齢臭を完全に失くす方法は現代の科学でもはっきりとはわかっておりません。
ただし加齢とともに皮膚からの分泌物が変わってくることと、その根本となる物質が
分かったことにより、加齢臭を軽減することが可能になりました。
老化を予防することはそのまま加齢臭の予防につながります。
アンチエイジング用品は昔から資生堂だけではなく数多の化粧品メーカーが挙って
販売してきましたが、

加齢臭という言葉が大衆化されてからは、男性の客層に狙いを絞ったグッズも販売されています。
それこそ数えきれないほどの加齢臭対策グッズが発売されております。
どのメーカーが自分の体質に一番合っているかは使ってみなければわかりません。
インターネットでは商品の人気度を順位づけされたランキングサイトもありますので
そこを見て判断するのも良いでしょう。
加齢臭は中高年の約半数が抱えている悩みだと言われておりますが
あまり深く考えすぎることはありません。
しかし社会人の必要最低限の常識として身だしなみを整えることはとても大切です。
自分の体臭がどうしても気になる人は、対策グッズの項で述べたように
入浴時の石鹸を変えてみるのも良いでしょう

食生活から見る加齢臭

意外だと思われるかもしれませんが、加齢臭と食品には深い関わりがあります。
加齢臭には体の外側から働きかけるグッズや、体の内側から変化をもたらす
サプリメントを飲むなどの予防や対策が一般的と考えられています。
確かに栄養バランスのとれた健康的な食事を摂っていたとしても、加齢臭そのものを
予防することはできません。
しかし食生活と体臭は決して無縁ではありません。
サラサラで綺麗な血液の人は老廃物が体に溜まりにくい為、体臭を放つ物質が少ないのです。
血液循環は食生活でいくらでも改善の余地がありますので、同じように加齢臭も食生活次第で抑えられると考えられるのです。
食生活の見直しは体臭だけではなく、当人の健康についても考え直すことになります。
例えば暴飲暴食を止める。栄養バランスのとれた食事を三食きっちり摂るだけでも
かなり体内環境は改善されます。
胃腸の調子が悪い時は消化の良い食べ物をとるなど、体調に合わせた食事を摂ることで
一定の健康を保つことができます。
体臭を抑えるためには緑黄色野菜やポリフェノールなど酸化作用のある食品を、
積極的にとることが大切です。
具体的にはニンニク、ネギ、タマネギ、赤ワイン、リンゴ、ゴボウ、大豆など、

抗酸化作用のある食品はたくさんあります。
ゆずやレモンなどの柑橘類も体臭を抑える効果があると言われています。
これらの食材は健康的な食生活を心がければ自ずと摂ることが出来るものです・
多くの人が勘違いしている事ですが、加齢臭は老化で急激に発生するものではありません。
食生活を改善することは加齢臭そのものの予防というよりは、体臭を軽減するためですが、
若い時からの小さな意識の積み重ねが後の加齢臭の悩みを小さくすることに繋がるのです。

 

中古車買取 オルニチン効果 風俗 SEO 対策  携帯 SEO 対策 アビシニアン 自分史 作り方

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ